2014年01月の記事 (1/5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大磯・左義長

1月12日は 大磯海岸で左義長が行われました。

海岸入口
左義長って・・・?
道祖神の火祭りで、セエトバレエ、どんど焼きなどとも呼ばれています。
昔この辺りで目一つ小僧と呼ばれる厄神が、村人のおこないを帳面に書いて
まわっていたところ 夜が明けてしまい、慌てて帳面をセエノカミサンに預け、
そのまま帰ってしまいました。
帳面を預かったセエノカミサンは困り果て、自分の家とともに
帳面を燃やしてしまいました。

これがセエトバレエ(左義長)の始まりと言われています。
(from 大磯町観光情報ページ

点火開始
松の内が過ぎると、子供や青年達によって正月のお飾りや松、竹などを
調達され、大磯海岸に9つのサイトが作られます。

燃えるサイト
午後6時、点火。火はその年の恵方に点けられるそうです。
今年の恵方は、東北東。すぐに火は燃え広がり・・・

炎と火の粉

大きな炎となってサイトを焼いていきます。

海岸の様子
9つのサイトが冬の夜空を焦がす海岸。圧巻でした。

ぜひ来年は、この火で団子を焼いて食べたいものです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。