FC2ブログ

2012年10月14日の記事 (1/1)

横浜のキング - 神奈川県庁

とある日、パスポートの申請で横浜の産業貿易センタービルへ行きました。
みなとみらい線の日本大通り駅から歩いてものの数分。

申請自体は簡単に終わり、時間もあったので 関内駅まで歩くことに。
横浜港郵便局の交差点に差し掛かると、木々の向こうにレトロな建物発見。

神奈川県庁
神奈川県庁の本庁舎でした。
県庁を裏から眺めている位置関係でしょうかね。

この庁舎は、1928年に竣工された建物で、帝冠様式(鉄筋コンクリートの建物に、
和風の瓦屋根をのせた和洋折衷の建築様式で、昭和初期に流行ったそうです。
静岡県や愛知県の庁舎も同じ様式ですね)を取り入れたもの。

横浜のキング
瓦屋根のような塔屋が特徴的ですね。

横浜・関内地区で塔屋を持つ3つの代表的な建物を、横浜三塔と呼ぶそうです。
この神奈川県庁がそのひとつで、キングの塔と呼ばれています。

横浜三塔にまつわる話題はいろいろあるようで、いずれレポートしたいものです。

日本大通
この交差点から横浜スタジアムに向かう通りが「日本大通り」です。
道幅が広くゆったりとして、緑も豊か。いい雰囲気を醸し出している通りです。

歩道にテーブルと椅子を置いて、ゆっくりコーヒーでも楽しみたい通りですね。。。
スポンサーサイト