FC2ブログ

2012年08月18日の記事 (1/1)

怪談発祥の地? - 紅屋町公園

平塚のパールロード商店街から少し西に入った一角に、
紅屋町(べにやちょう)公園があります。

紅屋町公園
パッと見は 何の変哲も無い公園なのですが、ここに「お菊塚」があります。

お菊塚1
「お菊」- 有名な怪談、番町皿屋敷のお菊さんのことです。

お菊は、平塚宿役人 真壁源右衛門の娘でした。
行儀見習いのため、江戸の旗本 青山主膳の屋敷へ奉公中、主人が怨むことあってお菊を斬殺したとのこと。
また一説によると、主膳の家来が菊女を見染めたが、お菊がいうことをきかないので
憎しみの余り家宝の皿を隠し、主人にお菊が紛失したと告げたところ、お菊は手打ちにされた
とも伝えられているようです。

この事件は元文5年(1740年)のことで、後に 怪談「番町皿屋敷」の素材となったそうです。

お菊塚2
また、お菊が自らの不注意で主人愛玩の南京絵皿十枚組のうち一枚を割ってしまったため、
主人の怒りを買って 両腕を切り落とされた上、屋敷内の井戸に投げ込まれたという他説も。

こちらのストーリーの方が有名かな。

お菊は、真壁家菩提寺である晴雲寺に葬られました。
昭和27年の区画整理事業に伴い、晴雲寺が市内他所に移転することとなり、真壁家墓所も
移転の工事が進められましたが、お菊の墓を移動しようとすると不吉なことが度々起こったそうです。

平塚市や工事関係者が、お菊の墓があった場所にお菊塚を新たに建立して弔ったところ、
工事がスムースに進むようになったという話もあります。(from Wikipedia)

今思えば 理不尽に短い生涯(24歳!)を閉じさせられた、としか言いようが無い 不憫な出来事ですね。
安らかにお眠りくださいますように・・・

スポンサーサイト