FC2ブログ

2012年01月20日の記事 (1/1)

消えゆく駄菓子屋さん

黒部丘エリアの一角に、昔からずっと続いていた駄菓子屋さんがありました。

決してきれいというわけではなく、品揃えも豊富というわけではありませんが、
ちょっとしたお菓子類や日用品、子供向けの駄菓子などが並んでいて、
近所の小学生がよく買いに来ているのを見かけたりしてました。

清水商店
平塚工科高校の北側にある”清水商店”。

シャッターが下りている。休みかな・・・?
貼り紙が ありました。
貼り紙
昨年末で閉店したとのこと。おやじは常連ではありませんでしたが、寂しいなぁ・・

このお店は 約40年続いていたそうです。
老夫婦でお店をやっていたことは知っていましたが、体力的に大変だったとのこと。
それに、あとを継いでいく人もいないんでしょうね。

駅近くの商店街でも シャッターが下りたままの店が増えてきたみたいです。
このように 時代が変わっていくんですね。。。
スポンサーサイト